自分に合ったパーツで快適なロードバイク生活!!

近年、ロードバイクは通勤通学からレジャー、果てはスポーツ競技まで幅広く用いられるようになりました。
その理由は運動不足解消、趣味、ちょっとした機械いじり、大会参戦など様々あります。
しかし何の知識もないままでロードバイクに乗るのは危険が伴うのです。
その一つとして誤ったパーツ選びが問題となってきます。
各メーカーから多種多様なものが発売されていますが、多くの方々はオーダーメイドではなくそれら既製品を購入するはずですね。
一方で我々は体格・体重に個人差がありますから、既製のバイクとの相性を改善するためにステムやサドルを交換する方がいます。
この際、どのような目的でどのくらいの時間乗り続けるのか、普段走行する路面の状況はどうなっているのかなど、ある程度詳しく想定してパーツを選ばねばなりません。
例えば3,4 km程の距離でデコボコ道が多いような状況ならば、安全性を高めるために補助ブレーキを導入してクッション性の高いサドルに交換するなどの処置が推奨されます。
もしこれがデフォルトの固めのサドルなら腰を痛める方がいるかもしれないですよね。
パーツを選ぶときは自分の状況をしっかりと考えて選びましょう。

カウルはロードバイクで最も重要なパーツの一つ

ロードバイクは、長距離での走行が楽にできるように様々な工夫がされています。
オフロード車にはないパーツもたくさん使われていて、とくにカウルについては注目すべきでしょう。
アスファルトの道を高速で走っていると、前方からの風がとても強く感じられます。
カウルがないと、ドライバーに直接風圧がかかって大変つらい思いをしなくてはなりません。
フルカウルのロードバイクなら、体勢を低くすれば風についてはほとんど感じることがないので楽です。
長距離での走行も楽々こなせるので、移動距離が長いツーリングにはまさにうってつけです。
逆にオフロード車が得意とする悪路は苦手分野ですが、日本の公道には悪路がほとんど見受けられませんから心配は無用でしょう。
街乗りにもぴったりなのが、ロードバイクです。
フルカウルのおかげで、車の排気ガスを吸引しなくてもよくなりますし、雨よけにもなります。
パーツが多い分、値段が高い傾向にあるのは仕方のない部分でしょう。

check

宅建士になれる専門学校
https://www.sundai-slec.ac.jp/

Last update:2016/11/2

Copyright (C) 2015 ロードバイクで走る All rights reserved.